鈴木章氏と現役研究者たちが語り合う 北海道大學の可能性

ユニバーシティプロフェッサー/名譽教授 鈴木 章

9月12日は、本學のノーベル化學賞受賞者、鈴木 章 ユニバーシティプロフェッサー/名譽教授の誕生日です。鈴木先生は、1930年に北海道鵡川町で生まれました。91歳の誕生日を記念して、2019年12月に実施した、鈴木先生と現役研究者たちとの対談の様子を映像で配信します。

鈴木章氏と現役研究者たちが語り合う 北海道大學の可能性

対談に參加したのは、伊藤 肇 教授(工學研究院/化學反応創成研究拠點)、ラフェイ?ミシェル 準教授(文學研究院)、高岡晃教 教授(遺伝子病制御研究所)、黒巖麻里 教授(理學研究院)の4名。鈴木先生からノーベル化學賞受賞が決まったときの心境や、研究者を志した経緯を伺った後、本學の課題、目指す未來について意見交換をしました。

対談の様子 対談の様子(左から黒巖教授、高岡教授、鈴木名譽教授、ラフェイ準教授、伊藤教授)

「北大の學生には、人の真似をするのではなく、オリジナリティのある研究をやって欲しい」と語った鈴木先生。「新しいことを見つけようと思ったら、まずは既存のことを分かっていないと。勉強して技術を得て、そしてそれを発展させる。別の分野で使われている技術を取り入れて融合研究をすることで、新しいものがひらけていく可能性もある。だからこそ、學生はいろいろな勉強をしないといけないし、研究者は研究をしっかりやって、その研究を通じた教育を浸透させてほしい」と力を込めました。

ロンティア応用科學研究棟にて 鈴木先生のノーベル化學賞受賞を記念して建てられた、フロンティア応用科學研究棟にて

(総務企畫部広報課 學術國際広報擔當 菊池 優)

鈴木章氏と現役研究者たちが語り合う 北海道大學の可能性

[出演]
ユニバーシティプロフェッサー/名譽教授 鈴木 章
工學研究院/化學反応創成研究拠點 教授 伊藤 肇
文學研究院 準教授 ラフェイ?ミシェル
遺伝子病制御研究所 教授 高岡晃教
理學研究院 教授 黒巖麻里

[企畫?制作]
株式會社スペースタイム(撮影?編集)
総務企畫部広報課 學術國際広報擔當 川本真奈美  菊池 優(ディレクター)


鈴木先生とノーベル化學賞

鈴木先生は「鈴木-宮浦カップリング」の研究で、2010年にノーベル化學賞を受賞しました。2種類の異なる化合物同士をつなぎ合わせ、新たな有機化合物を創り出すクロスカップリング反応。「鈴木-宮浦カップリング」により、専門家の熟達した技術と特別な実験環境が必要だったクロスカップリング反応が手軽に扱え、大規模な製造プラントでの量産にも応用が可能となりました。この反応は醫薬や農薬、液晶、有機EL材料などの開発に大きな貢獻を果たしています。