文字サイズ
Language
北大に寄付する
新著情報

ホーム > プレスリリース(研究発表) > 肝臓がんに対する新規治療法?メカニズムを発見~ジアシルグリセロールキナーゼα阻害を介した肝臓がん治療成績向上への貢獻に期待~(醫學研究院 教授 武冨紹信)

肝臓がんに対する新規治療法?メカニズムを発見~ジアシルグリセロールキナーゼα阻害を介した肝臓がん治療成績向上への貢獻に期待~(醫學研究院 教授 武冨紹信)

2021年10月12日

ポイント

●肝臓がんのジアシルグリセロールキナーゼα阻害を介した新規治療法?メカニズムを発見。
●免疫チェックポイント阻害剤との併用治療による相乗効果を確認。
●肝臓がん治療成績向上への貢獻に期待。

概要

北海道大學大學院醫學研究院の武冨紹信教授,遺伝子病制御研究所の北村秀光準教授らの研究グループは,肝がん治療モデルマウスを用いてジアシルグリセロールキナーゼ(DGK)α阻害が肝がんの増殖を抑える効果のメカニズムを解明し,さらに免疫チェックポイント阻害剤との併用により相乗的な抗腫瘍効果が得られることを発見しました。

日本における肝がんによる死者は年間25,000人を超え,依然として生存率は低い狀況です。既存の治療法では十分とは言えず,新規治療法の開発が望まれます。

これまでに,肝がん患者においてDGKαが高発現の癥例で生命予後が不良であること,DGKα阻害が肝がん細胞の増殖を抑制する事がわかっていました。

今回,肝がん細胞及び肝がん治療モデルマウスを用いて,DGKα阻害がインターロイキン2やインターフェロン(IFN)γの産生促進を介してT細胞による宿主免疫細胞を活性化し,抗腫瘍効果を増強する事を示しました。さらにIFN-γによって肝がん細胞における免疫抑制分子?PD-L1の発現が上昇する事を見出し,免疫チェックポイント阻害剤による併用治療の相乗的効果を確認しました。

本研究の成果により,肝がんに対する新規治療薬の開発だけではなく,免疫チェックポイント阻害剤との併用治療効果が見込まれ,さらなる肝がん治療の飛躍が期待されます。

なお,本研究成果は,202195日(日)公開のCancer Immunology Immunotherapy誌に掲載されました(オンライン先行公開)。

詳細はこちら


擔がんマウスモデルにおいてDGKα阻害治療により肝がんの増殖が抑制された。蛍光タンパクを産生する肝がん細胞を使用し,蛍光量が多いとがん細胞數が多いことを示す。

一个人免费视频在线观看高清-一个人看的视频免费高清