寳金清博 北海道大學総長からのメッセージ

寳金清博 北海道大學総長からのメッセージ

學生?教職員の皆様

本學の學生?教職員の皆様方には、日常的に新型コロナウイルス感染癥の拡大防止にご協力いただきありがとうございます。

本學では、接種を希望する北海道大學並びに小樽商科大學の學生及び教職員等を対象に,7月17日(土)から9月12日(日)までの土曜、日曜及び祝休日に新型コロナワクチン大學拠點接種(職域接種)を行い、1回目は18,302名、2回目は18,009名への接種を終了しました。

皆様方のご協力によって、醫療従事者等向けの接種を含めれば、本學に在籍する學生?教職員の7割以上の者(學生:68.4%、教職員:82.3%)が、2回のワクチン接種を終えることができました。

接種にあたっては、約2ヶ月の長期間にわたり、多職種?多人數の醫療従事者をはじめとする本學教職員のご協力をいただきました。
また、學生ボランティアによる接種會場の運営、ワクチン接種に不安を持つ方に向けた、有志學生による學生目線の分かりやすいポスター作成、酷暑下の接種會場における様々な想定外の事項への対応など、皆様方のご協力により、數々の難題を克服することができました。

今後、対面授業、課外活動等の再開に関する検討など、ウィズコロナ下における課題に向き合い、學生?教職員の安全を第一とする方針は堅持しつつ、安心?安全な教育研究活動を一刻も早く再開出來るよう努めて參ります。

本學は札幌市の人口の1%を超える學生?教職員を抱える大規模事業場であるとともに、教育?研究の社會的役割と醫療提供という、新型コロナウイルス感染癥の克服にとって最も重要な社會的プラットフォームを擔っています。
こうした本學の社會的使命へのご理解の下、皆様方のワクチン接種へのご協力に対し、心から感謝申し上げるとともに、今後も新型コロナウイルス感染癥の拡大防止にご協力いただきますよう、改めてお願いいたします。

令和3年10月15日
國立大學法人北海道大學総長
寳金 清博

(參考)
北海道大學における新型コロナワクチン大學拠點接種の実施狀況について(最終報告)

一个人免费视频在线观看高清-一个人看的视频免费高清