文字サイズ
Language
北大に寄付する
入學案內

ホーム > 學部入試 > 障害等のある志願者への受験上の配慮

障害等のある志願者への受験上の配慮

 本學では、疾病や負傷、障害等のある方が、受験上?修學上不利になることがないよう、合理的配慮を提供しております。

 本學に入學を志願する方で、障害等のために受験上の配慮を希望する場合は、出願前と出願時に書類の提出が必要です。

 日常生活において使用されている補聴器、松葉杖、車椅子等を使用して受験する場合も、試験場設定などの対応の関係から必ず事前に以下により手続きをお願いいたします。

所定の期日を過ぎてから申し出のあった場合や內容によっては、受験上の配慮が十分提供できないことがあります。できるだけ早めに申し出ください。
※配慮申請書をご提出後に出願を取りやめた場合は、早急にその旨を記載し、以下の4.問い合わせ先までFAXまたは電子メールにてご連絡ください。
※入學後の修學上の配慮については、入學決定後改めて申請が必要です。現時點で、修學上の配慮についてご不安な點等がある場合は、以下の4.問い合わせ先までご連絡ください。

 

出願前手続き

 各入學試験にて定める期限(募集要項に記載)までに、以下の1.「障害等のある志願者の受験上の配慮申請書」に必要事項を記載のうえ、添付書類とともに提出先まで郵送にてご提出願います。

1.「障害等のある志願者の受験上の配慮申請書」
  【Word版はこちら】 / 【PDF版はこちら】

2.添付書類
(1)醫師の診斷書(原本又は當該年度に大學入試センターへ提出した寫し)
(2)障害者手帳の氏名?障害等の頁の寫し(該當する場合)
(3)當該年度に大學入試センターが発行する「受験上の配慮事項審査結果通知書」の寫し(該當する場合)

3.提出先
〒060-0817 札幌市北區北17條西8丁目 北海道大學學務部入試課
(封筒に「受験上の配慮申請書在中」と記載のこと)

4.問い合わせ先
〒060-0817 札幌市北區北17條西8丁目 北海道大學學務部入試課
電話:011-706-7484
FAX:011-706-7488
電子メール:admission□academic.hokudai.ac.jp (□をアットマークに置き換えて送信してください)

 

出願時手続き

 出願時には、「障害等のある志願者の受験上の配慮申請済屆」を必ず願書等に同封のうえ送付願います。(出願前手続き時に提出する必要はありません。)

 

留意事項

  1. 願書を受理した後に、受験上の配慮許可通知をお送りします。
    ただし、障害の程度?種類?希望する配慮によっては、願書を受理した後、配慮內容について相談するため、ご連絡することがあります。
  2. 申請後に本學へ出願しないこととなった場合又は出願後に受験を取り止めた場合には、その旨と氏名、受験日程(前期?後期)、出願先(學部?學科?専攻?選抜群等)を紙面に記載し(様式任意)、上記の4.問い合わせ先へFAXまたは電子メールにてお知らせ願います。
  3. 入學後の修學上の合理的配慮については、別途申請が必要となります。詳しくは、こちらをご覧ください。
一个人免费视频在线观看高清-一个人看的视频免费高清